【映画】少林サッカー

本日は『少林サッカー』を紹介いたします。

f:id:overoad:20200220073655j:image

 

 

 

個人的おススメ度 4.0(5点満点)

 

個人的な感想なので参考程度にしていただければ幸いです。

※以下ネタバレ含みます。

ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

・あらすじ

サッカー界のスターであったファンは、八百長を持ちかけられ試合でわざとシュートを外したことによって激怒した観客に襲われ、足を大怪我して引退に追い込まれた過去がありました。

 

しかも、その小切手も嘘で完全に落ちぶれてしまっていました。

 

時が経ち、ファンはサッカーの監督になることを夢見ていました。

 

そんな時に少林拳の達人のシンと出会います。

 

ファンはシンを説得して、サッカーチームを作ることを提案します。

 

シンは同じく少林拳の達人の兄弟弟子の元へ向かいます。

 

しかし、兄弟弟子たちは武術の道を諦めて仕事に追われたり職探しをしており、シンの誘いを断ります。

 

だが、サッカー全国大会の賞金の話に刺激されて全員シンの元へ結集し、サッカーチームを結成します。

 

少林チームは超人的な力で強敵を倒してついに全国大会決勝に進みますが、、決勝の相手はサッカー界の権力者ハンが監督するチームでした。

 

相手は新型薬物のドーピングと謎の科学トレーニングで選手たちを強化している上に、ラフプレーで少林チームの選手を潰していきます。

 

果たして少林チームはドーピングと反則だらけの相手に勝つことはできるのでしょうか?

 

 

 

・総評

地上波でも何度か放送されているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

何度か放送されるということは、それなりに視聴率も取れているのでしょうか。

 

全体的にふざけているようなストーリーですが、たまに真剣になったりと無心で楽しめる作品です。

 

なんだかんだ、名作だと思います。