【スポーツ】LEGEND〜井上尚弥 VS 比嘉大吾〜

ボクシングチャリティーイベントLEGEND

最終第7試合は、日本ボクシング史上最高傑作で現世界スーパーバンタム級スーパー王者井上尚弥 VS 元世界フライ級王者 比嘉大吾

 

日本の至宝、井上選手に日本タイ記録の15連続KOを記録した比嘉選手がどのような試合を見せるのか注目の一戦です。

 

お互いヘッドギアを着用しての試合です。

 

1R、井上選手が軽快なステップとジャブを出します。

対抗するように比嘉選手もジャブを出します。

 

先に行った6試合も全てハイレベルな試合でしたが、

この試合は開始10秒で別格であることが伺えました。

 

井上選手がワンツーからのボディと華麗なコンビネーションで攻めます。

比嘉選手も負けじと前に出ますが、全ていなされる状況

 

2R、井上選手がギアを上げて更にコンビネーションを叩き込みます。

 

ヘッドギアを着用しているとはいえ、比嘉選手のバランスが崩れます。

 

もしかしてダウンするのではと思わせるほどの攻撃です。

 

リズムに乗ってきた井上選手は自らロープに背を預け比嘉選手を誘います。

 

比嘉選手は果敢に攻めますが、ボディワークとガードでクリーンヒットは出来ず、逆にカウンターを数発打たれます。

 

3R、お互いヘッドギアを外し、会場のボルテージは最高潮。

 

攻める井上選手となんとか耐える比嘉選手。

 

井上選手はまたもロープに比嘉選手を誘い、比嘉選手が攻めますが、完全に見切りカウンターを打ち込みます。

 

最後まで攻める井上選手とガッツを見せる比嘉選手。

 

お互いのパンチが空を切ったところで試合終了。

 

判定では30-27井上選手で間違い無いでしょう。

 

比嘉選手はすごく良い選手です。

 

世界王者に戻れるポテンシャルは十分にあります。

 

噂ではありますが、同門の井岡一翔選手もスパーリングで比嘉選手にやられる時があると聞きました。

 

しかし、井上選手が別格すぎました。

 

我々の想像を超える実力差を見せつけました。

 

井上選手が4団体を統一する日も遠くないでしょう。

【スポーツ】LEGEND〜内山高志 VS 坂晃典〜

ボクシングチャリティーイベントLEGEND

第6試合は元世界スーパーフェザー級王者内山高志 VS現日本スーパーフェザー級王者 坂晃典の一戦

 

内山選手は引退して4年、毎日お酒を飲み、運動もほとんどしていなかったそうですが、3週間追い込んで体を仕上げたそうです。

 

対する坂選手は20日前に防衛戦に勝利した正真正銘の現役王者。

 

KOダイナマイトが復活するのか、現役王者が意地を見せるのか

 

期待の一戦です。

 

この試合は内山選手はヘッドギアなし

坂選手はヘッドギアありでした。

 

1Rはジャブからお互い組み立てて様子見な印象。

時折、内山選手がワンツーを打ちますが、坂選手が芯を外しています。

 

2R、少しスタミナ面が気になるのかペースダウンの内山選手

対する坂選手はこの隙に攻めていきます。

 

3R、坂選手もヘッドギアを外し、真っ向勝負を仕掛けます。

 

お互いのストレートが空を切ります。

 

特に内山選手のストレートは当たれば14オンスでも倒せると確信させる迫力があります。

 

お互い近距離で打ち合い、最後に内山選手の足がつまづきよろついたところで試合終了。

 

判定は29-28で坂選手優勢だと思います。

 

現役王者が意地を見せた結果になりましたが、たった3週間でここまで仕上げた内山選手には脱帽です。

 

今から復帰してもすぐに日本王者、下手すれば世界王者にも返り咲けるのではないかと思わせる一戦でした。

 

 

【スポーツ】LEGEND〜岡澤セオン VS 佐々木尽〜

ボクシングチャリティーイベントLEGEND

第5試合は東京五輪代表の岡澤セオン VS 10戦全勝9KOの期待の新星、佐々木尽

 

両者ヘッドギアなしの一戦です。

 

1Rから果敢に攻めていく佐々木選手に対して全て見切りカウンターを合わせていく岡澤選手。

 

佐々木選手は盛り上げるために荒唐無稽な動きをして動揺を誘います。

 

それに対して岡澤選手もノーガードで挑発。

 

お互いヒートアップしてこの日一番の拍手が起こります。

 

岡澤選手は能力の高さを遺憾なく発揮し、佐々木選手は良いところを発揮できずという感じでしょうか。

 

しかし、試合全体的に岡澤選手が圧倒しており佐々木選手はまともにクリーンヒットを当てることも出来ませんでした。

 

判定だと30-27で岡澤選手優勢でしょう。

 

個人的な意見ではありますが、盛り上げるためのイベントであり、スパーリングとはいえ、視聴者は真剣勝負を見るためにお金を払っています。

 

その点、佐々木選手は参加者の中でも一番実績がないといっても過言ではないなかで、あのパフォーマンスは実力と見合っていないのではないかなと思いました。

 

 

 

【スポーツ】LEGEND〜秋山祐汰 VS 平岡アンディ〜

ボクシングチャリティーイベントLEGEND 

第4試合は

秋山祐汰 VS 平岡アンディの一戦

 

本来は東京五輪代表の成松大介VS世界ランカーの平岡アンディの予定でしたが、

成松選手が当日に発熱があったため急遽、後輩である秋山選手が代理出場することに。

 

秋山選手は当日の朝に練習をして、その後に試合のことを伝えられ飛び入り参加することになったそうです。

 

入場から緊張からか固い表情の秋山選手。

 

当日いきなりこんなイベントに呼ばれたら誰でも緊張します。

 

秋山選手はヘッドギア着用、平岡選手はヘッドギアなしでの一戦です。

 

1R緊張からか動きの固い秋山選手としなやかな身のこなしの平岡選手。

 

お互いジャブを放っていきますが、強いパンチはあまり出しません。

 

秋山選手もトップアマなだけあってジャブやパンチの当て感は良いです。

 

2Rも正攻法で攻める秋山選手と軽やかにいなす平岡選手。

 

頭にパンチが当たらないとみてボディを攻めていく秋山選手。

 

3R平岡選手がギアを上げて秋山選手をロープにつめます。

 

要所でパンチをまとめていきます。

 

何発か良いパンチも入り、3Rが終了しました。

 

判定だと30-27で平岡選手優勢でしょう。

 

平岡選手は日本人にはないしなやから動きが出来るので将来に期待です。

 

秋山選手も当日発表で練習後という過酷なスケジュールでしたが、よくオファーを受けてくれました。

 

 

【スポーツ】LEGEND〜森脇唯人 VS 井上岳志〜

ボクシングチャリティーイベントLEGEND

第3試合は学生時代の先輩後輩である

東京オリンピック代表 森脇唯人 VS 世界タイトルマッチも経験した 井上岳志の一戦。

 

身長188センチの森脇選手に対して井上選手は173センチ

 

身長差15センチという大きな差があります。

 

お互いヘッドギアなしでの一戦です。

 

 

序盤、森脇選手が体のサイズからは想像できないスピードでジャブを放っていきます。

 

井上選手はしっかりガードを固めてつめていきます。

 

距離を取りたい森脇選手と接近戦に持ち込みたい井上選手。

 

森脇選手も上手いですが、井上選手の圧力が強く所々でロープにつめられていきます。

 

1R接近戦の最中に偶然のバッティングで井上選手がカットしますが、試合は続行。

 

変わらずつめていく井上選手と早くて長いジャブと要所でストレートを放っていく森脇選手。

 

森脇選手はスピードは素晴らしいですが、予備動作が多少あるので、井上選手のガードを崩すまでは行けず、井上選手は接近戦からコツコツパンチを当てていきます。

 

お互い手の内を知っている者同士でやりやすい部分やりにくい部分あったと思いますが、ナイスファイトでした。

 

個人的な判定は30-27もしくは29-28で井上選手優勢。

 

しかし、アマチュアのルールなら逆もあり得た試合でした。

 

森脇選手はプロに来たら将来有望だと思います。

 

村田諒太選手以上の体格とスピード。

 

パワーは村田選手と比べると見劣りしますが、今後改善されていくでしょう。

【スポーツ】LEGEND〜京口紘人 VS 八重樫東〜

ボクシングチャリティーイベントLEGEND

 

第2試合は現世界2階級王者である京口紘人 VS 元世界3階級王者の八重樫東の一戦です。

 

京口選手が試合が決まっているので、大事をとって両者ヘッドギアを着用しての試合です。

 

下馬評では、もちろん現世界王者の京口選手有利。

 

八重樫選手も昨年引退しており、そこまでブランクは無いとはいっても流石にスタミナ面が心配なところ

 

試合は新旧世界チャンピオン同士とあって高度なジャブの応酬。

 

しかし、徐々に京口選手がリズムに乗ってきて要所でパンチをまとめる展開。

 

八重樫選手も負けじと前に出ますが、京口選手も引かずに応戦。

 

お互い素晴らしいファイトスピリッツを見せましたが、判定をつけるとしたら30-27で京口選手だと思います。

 

京口選手は次回アメリカデビューなので是非頑張っていただきたいです。

【スポーツ】LEGEND〜木村翔VS武居由樹〜

ボクシングチャリティーイベントのLEGENDの映えある第1試合は、元ボクシング世界フライ級チャンピオンの木村翔VS元K-1王者の武居由樹の一戦からスタートです。

 

K-1王者といっても負けたわけではなくボクシングに転向したため元王者ということです。

 

武居由樹K-1では敵なしでボクシングに転向しましたが、ボクサーとしてはまだデビュー戦もしておらず、いくら階級が違うとはいっても元世界王者かつ、現役の木村翔には分が悪いと下馬評では言われていました。

 

お互いヘッドギアなしでの対戦です。

 

試合内容としては武居が想像以上にフットワークやボディコントロールが上手い上にはパンチ力もあり、木村がなかなか見せ場を作れないという想定外の内容でした。

 

圧力をかけていく木村に対して上手くいなしていく武居という構図。

 

お互い強いクリーンヒットはないもののポイントでは武居が有利のように見えました。

 

3ラウンドを終えスパーリングなので引き分けという結果でしたが、試合なら29-28で武居優勢のように見えました。

 

これが10とか12Rになるともちろん結果も変わると思いますが...

 

この試合は武居がボクサーとしての可能性を見せつけた結果になりました。